~「福島県応援したい」関係人口1229万人、全国最多~

私自身は東日本大震災よりも前からの福島県の応援人口(居住地、出身地以外で応援したい都道府県)の一人だったし、茅刈りを通じて、応援人口を増やすことにもかなり貢献してきたと感じていましたが、福島県は、東京都の人口にももう少しで届きそうな1229万人もの関係人口があったことに、ちょっと驚きました。 この数字をみて、福島県としては、新たな関係人口を掘り起こすことよりも、既に応援している人たちをしっかり…

続きを読む

ひとつの茅葺き屋根が風景から消えました

数か月前、2月13日の夜の水引集落で、 空家になっていた茅葺き古民家の一軒が、屋根に積もっていた雪の重みと地震によって倒壊しました。 長年空き家になっていたとは言え、個人の財産であるが故に、情報発信も慎重になっていました。 新型コロナウイルスの影響を懸念して、南会津町を訪れる回数がとても少なかった昨年度。 微力な活動でも停滞させないことの大切さを改めて思い、 この倒壊の知らせを聞い…

続きを読む

横浜市歴史博物館「かやぶき屋根プロジェクト」シンポジウム「『かや』の活用とこれから」の動画がアップされました

横浜市歴史博物館で2月に行われた「かやぶき屋根プロジェクト」シンポジウム「『かや』の活用とこれから」の様子がYoutubeにアップさたと連絡を頂きました。 日本ナショナルトラストの出口さんが「われらが紡ぐ白川郷かややねプロジェクト」の活動について、約20分間に渡って紹介されていますので、お時間をつくってぜひご覧ください。 動画だとプレゼンが見づらいですが資料は横浜市歴史博物館のページ…

続きを読む

春が近づいてきました。

水引集落から雪片しの後の排雪場所の写真が届きました。 2月に南会津町豪雪対策本部が立ち上がったあとは、比較的穏やかな日が続いていたとのことです。雪を崩すことによって雪解けを速めているそうです。 今シーズンは雪がしっかり降ったのでスキー場は3月下旬まで営業できるみたいです。 そういえば「雪片し」って地域によって言い方が違うようですね。違和感なく使っていましたが、東京だと「雪かき」と言った…

続きを読む

”『シビックプライドと奥会津らしさを考える』~紫牟田伸子氏×奥会津地域で活躍する若者によるオンラインセッション”に参加しました。

昨日の午後は、”『シビックプライドと奥会津らしさを考える』~紫牟田伸子氏×奥会津地域で活躍する若者によるオンラインセッション”にzoomで参加しました。 紫牟田伸子さんのお話は、明星大学で開催された"デザインセッション多摩 (DEST )2017"でも聞いたことがありましたが、自分自身の経験が積みあがったからなのか、前回聞いたときよりも「シビックプライド」について、腹に落ちるものが…

続きを読む